<当店について>

このページでは当店が提供しているものを紹介致します


<メインコンテンツ>


① ロルフィング

 

ロルフインスティテュート認定ロルファー
現在日本に約130人(2018年)の認定ロルファ―がいます。
身体の気づく力(interoception)を向上させるボディーワークです。
身体に対する心地よさが向上します。副次的に姿勢も良くなりま
 
10回で構成されるセッション(10シリーズ)を提供しています。一回90分12000円
条件付き割引あります。


 
インドの伝統ヨガ

 

●全米ヨガアライアンスRYT500
●シヴァナンダヨガ上級インストラクター

呼吸や思考、身体の使い方に対しヨガのシステムは優れています。

そのシステムを用いて「身体の統合」と 「心のコントロール」を行い、より気持ちのいい 身体感覚を提供します。

ヨガの本場インドとカナダで学んだインドの5大ヨガの一つ、”シヴァナンダヨガ”をお伝えします。

一日4回、クラスの提供をしています。1回2000 / 通い放題14000。

 


<ロルフィングセッションに含まれるもの>


 キネシオテーピング
 

●キネシオテーピング協会認定CKTI(インストラクター)

 必要に応じて治療後、2・3か所に貼り、 治療効果を持続させます。

不定期でキネシオテーピング協会のセミナーを開催しています。


キネシオテープは必要に応じてセッションの最後に用います。


プラン作成

 

プラン作成の為、問診を丁寧に行わせて頂きます

「痛みを取り除いて、〇〇ができるようになりたいという要因は非常に大切です。
また、共通の目標を持つことは達成を容易にします。
信頼関係の構築抜きでは目標達成は果たせません。
 
1回目のセッション時にプラン作成を行います。

 
米国の評価システム

 

●FMS・SFMA・PRI・DNS・NKT

 

身体の痛みの出ている部位ではなく、 その痛みを引き起こしている原因を見つけていきます。

この画期的な評価プログラムにより自分自身では気づけない身体の問題を浮き彫りにしていきます。

インナーマッスルや呼吸の評価等も詳しく行います。


毎セッション評価を行います

特に1回目のセッションでは入念に行い、痛みの原因となりうる問題を特定します。


 
米国の2大軟部組織アプローチ

●グラストンテクニック
●アクティブリリーステクニック

 

軟部組織とは、筋・腱・靭帯・筋膜・脂肪組織を指します。 

頭のなかで作っている動きの制限」を減少させ、筋肉を柔らかく」していきます。

 

「痛み改善セッション」では上記のアプローチを用います。

 「ロルフィングセッション」では、ロルフィング独特のアプローチを用います。

「疲労回復セッション」では基本的にグラストンテクニックを用います。


その他

医療国家資格

 

●柔道整復師
骨折や脱臼などの治療を行う"怪我の専門家"です
最低基準の医学知識を学んだ証明でもあります。
この資格を生かし、Jリーグのチームで経験を積み、スポーツ整形に勤めました。

スポーツ整形外科での勤務経験

 

私が勤務していた整形外科クリニックは、スポーツ障害や肩こり・腰痛など慢性痛の患者様が多く来院されていました。

一日30人以上施術させていただいておりました。

その経験により私はスポーツ障害慢性痛改善に特化することができました。