こんな方に

何週間か前から、もしくは何年も前から、ある痛みや不快感、重さを感じている方。
それにより、仕事の効率が落ちたり、憂鬱な気持ちになったり、やる気が出なくなったり、スポーツパフォーマンスを上げられなかったり、やりたい事が出来なかったり、そんな方々の手助けをしたいと思っています。
 
(特に背中の痛みで苦しんでいる方は是非ご相談下さい。
実は私も背中の痛みに数年前まで深く悩まされていましたがロルフィングヨガを通して改善できました。

整形外科や接骨院で改善が難しい場合の理由

そんな方の中には整形外科や接骨院を訪れた事があると思います。
保険適応されるので、それで改善されれば何よりだと思います。
なので、第1は信頼できるリハビリ施設を併設した整形外科受診をお勧めします。
(私が勤めていたスポーツ整形外科クリックは最良だと思っております。群馬県の「もぎ整形外科クリック」です。お近くの方は是非!)
ただ、保険適応できる反面、実際に勤めて感じたのが、
"病院では時間が限られている"という事。
理学療法の点数をとっている場所は約20分以内に終了しなければなりません。
人によっては10分だったり。。。

リハビリテーションの目的

私たち施術者の、共通の目的は適切な動きを脳に覚えさせる事だと考えています。
そのために緊張した筋肉などを一時的に緩め、運動により脳の再教育を行います。
筋肉の過度の硬さがあると、脳は間違った情報を得て、適切な動きが制限されてしまいます。
 
適切に近い運動まで持っていくのには手順があります。
1.不適切な動作をみつける
・構造的な筋肉の硬さに問題があるのか
・関節のポジションの悪さに問題があるのか
・脳からの命令に問題があるのか
に分別します。
 ↓
2.神経伝達が抑制されている部位をみつける
 ↓
3.神経伝達が過剰になっている部位を見つける
 ↓
4.その問題を一時的に解除する
 ↓
5.適切な運動を繰り返すことによって脳にその動作を再教育していく。
 ↓
6.痛み改善や動作改善、姿勢改善が見られる。
 
このような手順をふみます。
(実際はさらに複雑です)
これをたった10分や20分で行うのは難しいです。
少なくとも私は難しく感じていました。
 
もちろん10分の治療でも痛みは一時的に改善したように思えるかもしれません。
ただ、脳の再教育まで持って行けていないので、あくまで一時的。
患者さんが「ここに来ると良くなるのよ^ ^」と褒め言葉のように言ってくれる事が度々あるのですが、私からすると、辛かったです。
目標まで持って行けない不甲斐なさや、もっと早く良くできるはずなのに、、、と感じていました。

結論

そこで、私が最も効果的であると自負している、改善方法は「ロルフィング」と呼ばれるものです。
「ロルフィング」では約90分で、問題点の推測➡︎問題の一時的な解除➡︎運動 という流れで行います。
さらにロルフィングでは1回づつ目標があり、約10回のセッションでその目標を完了させます。
セッションは1週間に1回ペースで2ヶ月半〜3ヶ月半、2週間に1回のペースでは5〜7ヶ月です。
脳の再教育には時間と繰り返しが必要です。
長い時間をかけることで“脳が順応"します。
一緒に着実に変わっていく変化を楽しみましょう!

 ロルフィング体験セッション:8,000円(税込)を提供しています。

ロルフィング体験セッションでは評価に重点を置き、問題点を明らかにします。

2回目からロルフィングを開始致します。